配信200回突破記念特別企画3 「漫画とこれからの僕ら」C

特別回の第三弾は、漫画家の樹崎聖(きさきたかし)先生を迎えて、樹崎先生の漫画家人生や、漫画元気発動計画Domixについてのフリートーク。

後編は樹崎先生が現在手がける漫画元気発動計画Domixの説明とこれからの漫画についてのお話。

前編 →中編 →後編

樹崎先生は1987年に週刊少年ジャンプにて「ff(フォルテシモ)」でデビュー、同誌に「HARD LUCK(ハードラック)」、「とびっきり!」を連載。
スーパージャンプで連載されていた「交通事故鑑定人 環倫一郎」がスマッシュヒット。
月刊アフタヌーンで連載されていた「ZOMBIE MEN」は今も根強い人気があります。
「10年メシが食える漫画家入門」、「10年大盛メシが食える漫画家入門」等、漫画家を志す人への漫画入門書籍もロングセラーとなり、漫画家、漫画業界の発展に積極的に行動しています。

●漫画元気発動計画Domixとは
●漫画は誰かにめくって読んで欲しい
●漫画の文法
●これからの漫画の様式
●休み時間に大学ノートに漫画をかかなくなる時代
●漫画の定義が変わる

【サワダシンヤ × 樹崎聖】

ゲストリンク

漫画元気発動計画
漫画元気発動計画 Twitter
漫画元気発動計画 Facebook
樹崎聖 Twitter

関連リンク

Jコミ ZOMBIE MEN
Jコミ 交通事故鑑定人 環倫一郎

Amazonリンク


配信200回突破記念特別企画3 「漫画とこれからの僕ら」B

特別回の第三弾は、漫画家の樹崎聖(きさきたかし)先生を迎えて、樹崎先生の漫画家人生や、漫画元気発動計画Domixについてのフリートーク。

中編は樹崎先生が漫画家になってからの話と当時のジャンプのお話。

前編 →中編 →後編

樹崎先生は1987年に週刊少年ジャンプにて「ff(フォルテシモ)」でデビュー、同誌に「HARD LUCK(ハードラック)」、「とびっきり!」を連載。
スーパージャンプで連載されていた「交通事故鑑定人 環倫一郎」がスマッシュヒット。
月刊アフタヌーンで連載されていた「ZOMBIE MEN」は今も根強い人気があります。
「10年メシが食える漫画家入門」、「10年大盛メシが食える漫画家入門」等、漫画家を志す人への漫画入門書籍もロングセラーとなり、漫画家、漫画業界の発展に積極的に行動しています。

●漫画家に天才なんかいない
●よい編集者の導き
●リアルバクマンな話
●今泉伸二先生の話
●漫画家は生き様
●当時のジャンプの話
●荒木飛呂彦先生の話
●ボツとなおし
●あの人は漫画で世界征服しようとしている
●萩原一至先生の話
●宮下あきら先生の話
●聖 悠紀先生の話
●ジャンプのキャラクターは成長しない

【サワダシンヤ × 樹崎聖】

ゲストリンク

漫画元気発動計画
漫画元気発動計画 Twitter
漫画元気発動計画 Facebook
樹崎聖 Twitter

関連リンク

Jコミ ZOMBIE MEN
Jコミ 交通事故鑑定人 環倫一郎

Amazonリンク


配信200回突破記念特別企画3 「漫画とこれからの僕ら」A

特別回の第三弾は、漫画家の樹崎聖(きさきたかし)先生を迎えて、樹崎先生の漫画家人生や、漫画元気発動計画Domixについてのフリートーク。

前編は樹崎先生が漫画家を目指したきっかけとジャンプで連載を持っていたときのお話。

前編 →中編 →後編

樹崎先生は1987年に週刊少年ジャンプにて「ff(フォルテシモ)」でデビュー、同誌に「HARD LUCK(ハードラック)」、「とびっきり!」を連載。
スーパージャンプで連載されていた「交通事故鑑定人 環倫一郎」がスマッシュヒット。
月刊アフタヌーンで連載されていた「ZOMBIE MEN」は今も根強い人気があります。
「10年メシが食える漫画家入門」、「10年大盛メシが食える漫画家入門」等、漫画家を志す人への漫画入門書籍もロングセラーとなり、漫画家、漫画業界の発展に積極的に行動しています。

●漫画元気発動計画について
●創作者としての原点
●漫画家になろうと思った理由
●ダメだったら首をつろうと思っていた
●前向きな主人公じゃないと人気出ない
●自分の中の魅力を特化して描かないといけない
●キャプテンをベースにしていた
●ボールが止まって見える状態
●家庭環境とコンプレックス
●作家とは
●求められることと飽きちゃうこと
●ドラマとは心理とはキャラクターとは
●他人との交流で自分を知る

【サワダシンヤ × 樹崎聖】

ゲストリンク

漫画元気発動計画
漫画元気発動計画 Twitter
漫画元気発動計画 Facebook
樹崎聖 Twitter

関連リンク

Jコミ ZOMBIE MEN
Jコミ 交通事故鑑定人 環倫一郎

Amazonリンク


配信200回突破記念特別企画2 「評価をする僕ら」

特別回の第二弾は、ポッドキャスト番組「ザ・ノイジーズ」のless北山さんと稲生さんを迎えて、インターネット時代の評価についてのフリートークです。

北山さんの、スーパー8に対する評価にもの申す!から始まったこの話題。
サワダ自身の恥ずかしい過去や、現状でもやや耳が痛い話を交えつつ、三人の思うところをいろいろとお話しています。

今回の配信をお聴きになる前に、ザ・ノイジーズの530回を聞いておくと、流れがよくわかるかと思います。

●スーパー8
●Amazonレビューの存在
●サワダがドヤ顔で☆1をつけていた話
●☆1をつける理由
●当事者の気持ち
●友達がいなくなった話
●ネガティブ意見の利用
●あいさつしよう
●いや、
●目を見てものを言おう
●いや、
●そういうものだよね
●進撃の巨人の作者のブログに特攻した話
●スーパー8

【サワダシンヤ × less北山 × 稲生稔】

ゲストリンク

ポッドキャスト「ザ・ノイジーズ」(エンタジャム)


配信200回突破記念特別企画1 「200回を迎えた僕ら」

配信100回を迎えたときにも、通常配信とは違った回をいくつか配信したのですが、200回の節目にもいくつかの特別回を配信しようと思います。

まずは、ポッドキャストをやり始めた時期や、200回を迎える時期も似ている、ポッドキャスト番組「gd×2ゲームらじお」のtomiyanさんとヤスさんを迎えてのフリートークをお届けします。

●「gd×2ゲームらじお」と「狭くて浅いやつら」の交友関係
●リスナーさんとのコミュニケーション
●各々のオタク活動事情
●ヤスさんが声優にハマった理由
●サワダとtomiyanさんが声優にハマらない理由
●ポッドキャストをやってて良かったこと
●狭くて浅い条件
●配信に対する意欲
●価値観と立場も変わった
●ソーシャルゲームについて
●ラジオっぽさ
●これから

【サワダシンヤ × tomiyan × ヤス】

ゲストリンク

tomiyanさんとヤスさんのポッドキャスト「gd×2ゲームらじお」