#213 「マン・オブ・スティール」

評価が低いという話を聞いていたのですが、楽しめました。

自分は何者か、何をなしえる者なのか、守れるものは何なのか…と、深いテーマを突きつけて来つつも、最後はそんなの関係なく、一般人を巻き込んでのドラゴンボールバトル。

哲学的ではなく哲学「風」の装い。
何も中身が無い中学生の考えたような物語を正統進化させた感じ。

それでもなお圧倒的なバトルシーンで、とりあえず何か観た感じの満足感を与えてくれる。
個人的にはこれくらいライトな方が気軽に観られるのでありがたい。

ただスーパーマンのリメイクとしてこの映画を作る必要があったのかと言われると、純スーパーマンファンを前にして肯定はしにくいのは確かです。

【サワダシンヤ × カワサキ × ペガ】

関連リンク

映画『マン・オブ・スティール』公式サイト

ゲストリンク

ポッドキャスト「ボードゲーム研究室!」
ポッドキャスト「ペガの屋根裏部屋」

Amazonリンク