「狭くて浅いやつら」におつきあいくださる皆様へ

■「狭くて浅いやつら」とは
「狭くて浅いやつら」は、漫画・ゲーム(PS4・アナログゲーム(ボードゲーム)・スマートフォンアプリ・PS3・Xbox360等)・アニメ・映画・特撮・etc、様々なオタクカルチャーに対し、その場のノリと雰囲気だけで感想やあれやこれやを語り合う、ゆるい文化系ポッドキャスト(WEBラジオ)番組です。

■普通の人以上オタク未満の皆様へ
オタク文化がサブカルチャーとして皆に認識され始めてからだいぶ経ち、「オタク=何かにとても詳しい人」的なとらえられ方もされたりして、「オタク」が蔑称だった昔に比べれば、オタクの立場もずいぶんと向上したことだと思います。
しかし自分自身で「オタク」だと名乗ったり、自覚できる強者は意外と少ないのではないかと僕は思うのです。

僕も過去には「やーい、オタク!死ね!ボケ!ひざ割れろ!」と蔑まれ、「僕はオタクなんだ。もう普通の人ではないんだ。」と思いアンダーワールドで生きる覚悟をした時もありましたが、インターネットが発達した昨今、ネット上で見かける「オタク」は自分なんかと比べものにならないくらいの知識と情熱を持った人ばかりで、自分なんか全然及ばない、オタクじゃないんだと思うようになりました。

そうなると、途端に身の置き所が無くなったような感じがして落ち着かなくなりました。
オタクの人から見れば「オタク」ではなく、かといって普通の人から見れば充分に「オタク」、そのような中途半端な立場になってしまったのです。

そのような中途半端なオタクをよく「ヌルオタ(ぬるいオタク)」などと呼んだりもしますが、正直ヌルオタまでの知識と情熱もありません。ただ好きなだけ、そう、ただ好きなだけなんです。

好きな物事を他人と共有したいと思うのは人として当然の欲求だと思います。しかし僕のような者の場合、それがかなわないことが多いのです。
ネット上ではオタクのコミュニティに混じれず、日々の暮らしの中では周りが自分についてこれず、日々悶々とする毎日。

そこで僕は考えました。自分のような立場の人たちが心地よく過ごせる環境を作ってしまおうと!

それがこのポッドキャスト「狭くて浅いやつら」です。

このポッドキャストでは、サブカルチャーの新しい情報を提供するわけでもなく、娯楽文化個々の作品について深く考察してるわけでもありません。狭い範囲の話題を浅い知識で語ります。

「悟空、金髪になったぞ、クリリンが死んで!」「うっそ!マジ!?」

中学・高校生の頃の休み時間のように、ただ好きなことを好きなようにしゃべってるだけ。それが僕の求める環境です。

そんなゆるい環境が好きな方は、ぜひ一度お聴きください。そして機会があれば一緒に語りましょう。

最初は冗談で書き始めた文章が、最後になるにつれて真面目になってきたこの流れを断ち切るために、うんこちんこと発言して、終わりにさせていただきます。

サワダシンヤ

■番組方針
基本、1回の配信につき1作品をとりあげ、その作品についてだけ語っています。
時事ネタやオタク界隈の最新情報等は発信しておりませんので、お聴きくださる方は好きな時に好きな回をお聴きください。

毎回メインパーソナリティであるサワダが語りたい話を話したい人と話す番組なので、登場するパートナーはサブパーソナリティの誰かの回もありますし、ゲストで誰かを迎える回もあります。

ネタがある時は週に1回の配信をしておりますが、特に定期配信を目的としているわけではありませんので、こちらの都合により、配信期間が空くあります。

■パーソナリティのご紹介
知識や造詣が深いわけでもなく、考察や分析などの特化した能力を持ってるわけでもない、ごくごく普通にオタクカルチャーを楽しんでいるやつらです。

サワダシンヤ
メインパーソナリティ。
作品に触れた時に感じた純粋な思いを語ります。
業界話やマーケティング話、サブカル論はあまり興味がありません。というか語れる程の知識を持ってない。
他にもいろいろポッドキャストをやってます。詳しくはこちら

中ノ浦
サブパーソナリティ。
深夜までゲームをやってて奥さんに怒られたりする普通のサラリーマンです。

織田リコ
サブパーソナリティ。
インターネット上で声の活動をしていますが、趣味です。詳しくはこちら

SASAYAMA.
サブパーソナリティ。
ミュージシャンです。詳しくはこちら

マンハッタンウエダ
サブパーソナリティ。
アートワークは彼の手によるものです。マンハッタンウエダ先生のイラストが見られるのは「狭くて浅いやつら」だけ!詳しくはこちら