#071 「君に届け」

ちょうど10回前にも取り上げたことがある「君に届け」ですが、13巻がなんか自分的にとっても良かったので、あらためて取り上げてみようかと思いました。

話の中で出てくる「光・闇・中立・無・有」の属性ですが、聴いてる人には何がなんだかわからない人もいると思うので、自分の中での定義を書いておきます。

光…クラスの中心人物になれるイケてる存在とその友人。
闇…群れることは少ないが、自分をしっかり持っているイケてる存在とその友人。
中立…特別イケてるわけではないが、普通に日常を満喫している人。
無…注目もされない気にもされない。
有…無の理想の形。

※これはサワダの高校時代の価値観であり、上記のカーストやヒエラルキーが何かしらの学問的に存在するわけではありません。

あらためて思うのは、身近な人を大事に。日々のあたりまえのことを大事に。爽子を見習って生きていこうと思いました。

【サワダシンヤ × ヨメ】

Amazonリンク