#200 「ソラガクレ忍伝」

記念すべき200回は、いつもと違ったことをしようということで、今回は僕が中学生の頃に描いた漫画「ソラガクレ忍伝」について、ネタバレを含んだお話をしています。

そしてこのソラガクレ忍伝、なんとKindle対応の電子書籍として、Amazonで販売しました!

あくまで200回を記念したお遊び企画であるということを踏まえた上で、興味のある方はご購入いただければと思います。

なにぶんリアル中学生の描いた漫画ですので、内容についての保証はいたしかねます…。
試し読みが出来ませんので、内容については下記の画像を参考にしてください。その上でご購入の決断を。

以前、なんらかのネットニュースで「架空の歴史ノート」というKindle作品を知ったことがありまして、いつかその真似をしてみたいなと思っていたのが今回の企画のきっかけです。

「架空の歴史ノート」は設楽陸さんと言う現代美術家の方が発表した作品ですが、詳しくは下記リンク等を参照してください。

「中二病」をこじらせて……キンドルで話題の『架空の歴史ノート』著者に会ってみた

設楽陸 WEB

Kindleで電子書籍を販売するには、多少の手間はあるものの、そこまで難しくありませんでした。
商売の話を抜きにして、自分の漫画を文字通り世界に売り出すだけなら、いとも簡単にできるものだなあと思います。

中学生の自分も、まさか自分の漫画が今、世界中で売りだされているとは思っても無かったことでしょう(笑
現代に生きるリアル中学生で漫画を描いてる方がいらっしゃれば、軽くチャレンジしてみても面白いかもしれません。

ちなみに今回発売するに当たっての作者名が「一二三いろは」となっていますが、これは僕の作家名です。
創作するにあたって、らしい名前をつけようぜ!っていう遊びで、数年前より使っている名前で、特に意味はありません。

最後に、番組冒頭で紹介したお便りのオッキーさんに描いていただいた、200回記念の浅井狭子ちゃんのイラストも掲載しておきます。

ちなみこちらは100記念の時に送っていただいたもの。

オッキーさんありがとう!

これからも狭くて浅いやつらをよろしくお願いいたします。

【サワダシンヤ × マンハッタンウエダ】

Amazonリンク