#016 「ベルセルク」

黄金時代編から蝕にかけての展開は今思い出しても鳥肌もので、あの衝撃を越える漫画にはまだ出会ってません。

最新巻でも世界が一変するという予想だにしない展開を見せてくれましたが、今後の物語がより複雑な様相を見せつつある中で、何よりも気になるのは「果たしてこの物語は終わるのか?」というところ。
作者が死ぬまでには完結してほしいですね。

ただ、国産RPGにありがちな安易な展開にはしてほしくないなーとも思います。あくまでガッツは人としてゴッドハンドに挑んでほしい。

【サワダシンヤ × ベッティ】

Amazonリンク