#293 「FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15)/BROTHERHOOD/KINGSGLAIVE」

先日、FF15の体験版が配信されました。その名も「JUDGEMENT DISC」。

文字通り「この体験版でゲームを購入するかどうか判定してくれ!」と、めっちゃ強気なプロモーションだなあと思ったのですが、わたくし、まんまと引っかかってしまった様子…。

FF15に全く興味が無かったところから予約するまでにかかった時間は二日。

体験版をやったことで興味を持ち、作品の世界観を掘り下げるスピンオフ作品、「BROTHERHOOD」と「KINGSGLAIVE」を一気観し、発売日が待ち遠しい毎日。

大人になって久しくなかった感情、子供のようにワクワクしている感じです。

その気持ちだけを今回言いたかった。

発売日前に言いたかった。

もし実際のゲームがそこまでではなかった…としても、今のこの気持ちは本物だから…。

てなわけで、いつも以上に一方的に話しています。

みんなFF15やろうぜ!

【サワダシンヤ × 明日さん】

関連リンク

FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15)公式サイト
BROTHERHOOD
KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV

ゲストリンク

明日さんのゆるい感じのラジオ
ジャン談
あじあん

Amazonリンク


#292 「シン・ゴジラ」

前回に引き続きシン・ゴジラのお話。

今回は脚本家の渡辺流久里さんをお迎えして、脚本家として、クリエイターとしてのお話しをしていただきましょう。
…と思ったら、そうではなく、結果としてウヒウヒ言ってるだけの回になりました。

シンゴジラを十分楽しんだ方のウヒウヒトークをぜひお聴きください。
なんとモノクロームパレードのネタバレもあるよ!

そして渡辺流久里さんはなんと現在、来年公演される舞台の脚本・演出に絶賛全力投球中です!

松井菜桜子プロデュース
アップアンドアップス2017年劇場公演
「プロメテウスの贖罪」

prometheus_img

WEBサイト →Twitter

「俺は、兄貴のことが嫌いだった──」

2016年12月。
普通の中学生である長谷部涼成は、幼い頃に両親を亡くし、兄の春馬、妹の穂乃香と共に親戚の藤枝愛美の元で暮らしていた。
ある日の夜、涼成は春馬と喧嘩をしてしまう。「先に家に帰るよ」と言った春馬は、そのまま失踪してしまった。
「お兄ちゃんのせいだよ!」
穂乃香の言葉が突き刺さる。自分のせいで兄は消えてしまった。涼成は罪の意識に苛まれる。

月日は流れ、2020年1月。
「知り合いの会社の創立記念パーティがあるんだけど、一緒に行かない?」
高校生になった涼成は、片想いしているクラスメイトの木村日菜子に誘われ、穂乃香とその恋人の西野勇司、なぜかついてきた愛美と共に参加することにする。
株式会社プロメテウス。その名前を知らない者はいない大企業。
パーティが始まって間も無く、会場に一発の銃声が響く。
現れたのは銃を持った男達。
「兄貴……?!」
男達の先頭に立っていたのは、失踪した兄の春馬だった……。

●公演日時
2017年1月24日(火)
昼公演/14:00 夜公演/19:00

●劇場
座・高円寺2

●チケット代
2000円(前売り・当日共通) →チケット予約

たった1日だけの公演になります!みんな!観に行こうぜ!!

 

【サワダシンヤ × 渡辺流久里】

関連リンク

映画『シン・ゴジラ』公式サイト

ゲストリンク

渡辺流久里Twitter
渡辺流久里ブログ「なないろ・にじいろ」

Amazonリンク


#291 「シン・ゴジラ」

少し旬を過ぎた感がありますが、だからこそ普通に話せる話がある。

数多くの人々をヒャッハーさせた「シン・ゴジラ」。
ポッドキャストでもたくさんのヒャッハー感想が配信されました。

では、そんなにヒャッハーしてない人の感想も言おうということで、いつもの狭くて浅いやつらの感想です。

というように書いてしまうとなんだか印象として悪い感じになってしまいますが、そうではなく、温度が120℃ではないけれど、100℃ではある、という前提です。

なんせ今回収録は2時間越え。十分面白かったし楽しめました。熱中して話せる映画では間違いありません。誤解無きよう。

【サワダシンヤ × ペガ × わん】

関連リンク

映画『シン・ゴジラ』公式サイト

ゲストリンク

ペガの屋根裏部屋
おいはぎぷらすα

Amazonリンク


#290 「音亀フェス」

ポッドキャスト番組「音亀」のHARUさんが主催している、「バーチャルミュージックフェスティバル 音亀フェス2016 -Passion!!!!-」が今年2016年11月5日(土)19:00から開催されます!

今年で4年目になる「音亀フェス」ですが、なんと今回、わたくしサワダシンヤがアーティスト「SHiNYA」として出演することになりました! なので今回は宣伝を兼ねて音亀フェスをご紹介!

とはいえ、単なる宣伝の理由だけとりあげるわけではなく、せまあさで語るべき音亀の良さと魅力をきっちりと語ります!
ぜひリスナーの皆様も音亀フェスに興味を持ち!過去の音亀フェスを聴き!今年の音亀フェスもリアルタイムでお聴きください!

バーチャルではない本当のライブがそこにある!

otogamefes

音亀フェスのオフィシャルサイトはこちら!当日もこちらのサイトからライブの模様をお聴きになることができます。
http://haruthanatos.wixsite.com/otogamefes2016

音亀フェスの情報はHARUさんのTwitterアカウントをチェック!
https://twitter.com/HARU_THANATOS

今年の出演アーティストの詳細はこちら!SHiNYAの紹介をご覧あれ!せまあさサブパーソナリティSASAYAMA.も出演!
http://haruthanatos.wixsite.com/otogamefes2016/artist

今年のアーティストのトークと、過去の音亀フェスはポッドキャスト番組としてお聴きになることができます。(iTunes Store)
サワダも「SHiNYA」としてアーティストトークセッションに出演!
https://itunes.apple.com/jp/podcast/id928064232

【サワダシンヤ × HARU】

関連リンク

音亀フェス2016 -Passion!!!!-
音亀フェスポータルサイト

ゲストリンク

HARU portal site
音亀 – oto.game
A LIVE
アニマル ミュージック RADIO
つまらないラジオ

iTunes Storeリンク

Self – HARU

Amazonリンク


#289 「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」

「映画を体験できるゲーム」アンチャーテッドシリーズがついに完結。
過去の3作品についても当番組で話しているんですけれども、今回の作品については過去作をプレイしているからこその感動が、まさに最後の最後にある!
…と、言いたい。

スリルと危険に満ちあふれた命がけの毎日を抜けだし、平穏な日常を迎えた人間は太陽と海と穏やかな風の音に何を思うのか。
ゲームという媒体だからこそ感じられる静と動の体験。

やったことない人は今からでも遅くない!
シリーズ1作目からプレイして、あの感動を味わっていただきたい!

【サワダシンヤ × 織田リコ】

関連リンク

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

Amazonリンク